アトピーの治療で大事なポイント

アトピー性皮膚炎には様々な原因や要因があるのですが、現段階では完全に解明されているわけではありません。

 

食べ物やダニなどのアレルゲンが引き金となるのは知られていますが、その大元の原因は遺伝による体質や生活環境・病気などによる体力低下などが複雑に絡み合って発症すると考えられています。

 

以前はアトピーといえば子供の病気という認識が強かったのですが、最近では大人になってから発症する人も増えています。

 

原因が全てわかれば治療方法もありますが、実際には完全に原因を突き止めることは難しいため、対処療法的な治療で症状を抑えるしかないというケースの方が多いのが現状です。

 

ただ、アトピー性皮膚炎を発症する人は、免疫力が低下していたり、皮膚の乾燥によって発症しやすくなっていたりする事が多いため、皮膚の保湿効果や抗菌効果を高める入浴剤などで皮膚を守る力をつけたり、食事療法や乾布摩擦などで免疫力を高めたり、体質改善を試みることも推奨されています。

 

食べ物にアレルゲンがある場合は、徹底的にその食材を排除するのが基本的な対処法です。食物アレルギーは、場合によっては摂取すると命の危険もあります。単なる好き嫌いとは全く違いますから、本人だけでなく、周囲の人にも食べない、食べさせないを周知徹底する必要があるでしょう。

 

いずれにしても、アトピー治療のためには、まずアレルゲンの特定と発症の原因や要因を少しでも多く突き止めて、それらを排除する、もしくは、改善することが重要な鍵となっています。

アトピーに効果があると言われている民間療法とは?

これまでアトピー性皮膚炎の治療に利用されてきたステロイド系の薬は、使用直後に驚くほどの効果があると同時に、徐々に肌が慣れてしまい、少しずつ強い薬にしていかなければ効果が出にくくなってしまうことと、薬を中止した途端にリバウンドで症状が酷く悪化してしまうという大きなデメリットがありました。

 

もちろん、これらのデメリットは医師からも伝えられており、出来るだけ使わないようにと指導されている場合がほとんどです。でも、アトピーの症状はつらいですから、症状を抑えたい患者にとってはなるべく使わないというのもとても困難なことでしょう。

 

そのような状態から脱却することを目的として以下のような様々な民間療法が次々と出てきていますが、

 

水療法(強酸性水・アルカリイオン水など)
温泉療法(自宅に温泉水を宅配するなど)
民間療法のクリームや化粧水などのスキンケア商品

 

これらの中には何の科学的根拠もなく、効果さえも曖昧なものが大変多いのが現状です。現代の医学では、原因も要因も人によって様々なアトピーを完治することはほとんど不可能だとされています。にもかかわらず、民間療法の多くは「アトピーの完治」を謳い文句にしていることが多いです。

 

実際にアトピーから開放された人も中にはいるのでしょうが、それはその方のアトピーの原因や要因が、その療法と偶然にもマッチしていたという事なのでしょう。例えば、食物アレルギーの人と花粉症の人では、その症状にも原因にも違いがあり、当然ながら同じ療法で同じような効果が出るとは考えにくいですよね。

 

それなのに、どんなアトピーでも改善できる、完治するというような民間療法はあまり信用できないと思います。アトピーに効くと宣伝している民間療法の中には、大変悪質なものもあるので、価格が高額なものや完治を全面に押し出した勧誘には気を付けた方が良いでしょう。