青汁三昧のケール

青汁三昧に含まれる三大原料の一つケールは、青汁三昧以外にも色々な青汁に使われているベースとなる野菜です。和名ではハゴロモカンランと呼ばれているアブラナ科の野菜で、キャベツの原種ともいわれています。

 

青汁三昧の原料であるケールは、江戸時代に地中海地方から初めて日本にやってきたもので、明治時代にいくつかの品種が導入されました。日々の食生活においてはあまりなじみのないケールですが、普通に料理したとしてもあまりおいしいとは言えません。

 

このため、八百屋やスーパーで取り扱っているのを見ることはあまりありません。しかし、青汁三昧の原料の1つケールには、ビタミンAやビタミンCが豊富に含まれています。加えて、緑黄色野菜の中で見てもビタミンの含有量が豊富な部類に入ります。

 

つまり、青汁三昧を飲めば、通常であれば不足しがちな栄養素を補えると言えます。また、抵抗力をつけ免疫を高めるためにも有効であると言えます。青汁三昧に使用されるケールは、中国の雲南省にある昆明の広大な畑で栽培されたケールです。

 

ケールを育てている雲南省の畑は、天然の湧き水やミネラル豊富な土壌に恵まれているため、青汁三昧に使われているケールは美味しいものです。青汁三昧に使われているケールは、有機肥料を使うことを条件にしており、雑草や害虫なども人の手ですべて処理されています。

青汁三昧のケール関連ページ

青汁三昧の大麦若葉
青汁三昧のゴーヤー