青汁三昧の大麦若葉

青汁三昧には、大麦若葉が三大原料として含まれています。言葉の意味が示しているとおり、これは大麦の若葉の部分で、20〜30センチまで育った大麦から刈り取られ、青汁三昧に加工されます。大麦若葉は、おいしくのみやすい青汁の原料として知られています。

 

大麦若葉を原料に含んでいることから、青汁三昧は飲みやすいものになっています。成長の盛りに収穫されることから、大麦若葉にはビタミンやミネラルといったさまざまな栄養素が、他の緑黄色野菜に比べてバランスよく含まれています。

 

大麦若葉のビタミンCはホウレン草の約33倍、カロチンはホウレン草の約7倍といいますから、かなりのものでしょう。加えて、大麦若葉にはポリフェノールや食物繊維などの成分もたくさん含まれています。大麦若葉は青汁三昧に最適な野菜であると言えるでしょう。

 

活性酵素の働きを防ぐ抗酸化物質の酵素も大麦若葉には含まれています。大気汚染やストレスに晒され続けている現代人の体内では活性酸素が多く作られていますので、大麦若葉を含む青汁三昧はそれを抑えるのにも有効です。

 

中国の甘粛省蘭州で栽培された大麦若葉を材料として、青汁三昧は作られています。緑肥や堆肥は植物のみの無農薬栽培で育てられた自然野菜です。

青汁三昧の大麦若葉関連ページ

青汁三昧のケール
青汁三昧のゴーヤー