青汁三昧のゴーヤー

青汁三昧に含まれる三大原料の一つにゴーヤーがあります。ゴーヤーは沖縄ではよく知られている野菜で、最近ではスーパーなどでも扱われるようになりました。青汁三昧に用いられているゴーヤーは、苦瓜とも呼ばれるほど苦い味をしています。

 

昔から、沖縄ではゴーヤーの苦み成分は血液をきれいにし、血圧を安定させる効果を持っていると言われていました。ビタミンCやカリウムといった成分をたくさん含んでいるため、青汁三昧にふさわしい健康野菜であると言えます。

 

青汁三昧のゴーヤーの苦みは果皮に含まれるモモルデシンとチャランチンという成分です。ゴーヤーの成分は血糖値を下げ、コレステロールも低下させる働きがあります。

 

また、ゴーヤーの果実や種にあたる部分には、人間の体内でガン細胞に対抗できるナチュラルキラー細胞を活性化させる成分も入っています。このため、ガンの進行を押しとどめる効果を期待されています。

 

青汁三昧で使用しているゴーヤーは中国の安徽省合肥やその他の各地で栽培されています。本来、ゴーヤーは夏に収穫される野菜ですが、中国各地で栽培することで異なる季節でも手に入るようにネットワーク化されています。

 

それによって、一年じゅういつでも高品質のゴーヤーを使った青汁三昧が作れるよう工夫されているのです。

青汁三昧のゴーヤー関連ページ

青汁三昧のケール
青汁三昧の大麦若葉