アトピーの食事はどうすればいい?

アトピーの子供を持つお母さん方の間では、よく「食事が大変」というのを耳にしますね。実際、アトピーという言葉で「卵アレルギー・小麦粉アレルギー」などを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

 

子供のアトピーの場合には、何らかの食物アレルギーが原因となっているケースが多く、その中でも特に乳製品をはじめとした「動物性蛋白質」のアレルギーをもつ子どもが多いのは事実です。

 

ですが、アトピーの原因は食物アレルギーだけではなく、中には全く食物アレルギーがないのにアトピー性皮膚炎を発症する人もたくさんいます。まず、食物アレルギーを持っている場合には、その食材を完全排除するのが前提条件ですね。

 

給食の蕎麦を食べて死んでしまったという事例があるように、食物アレルギーは場合によっては呼吸困難から死に至ることもあるのです。さらに、食物アレルギーの場合には、直接その食材が使われていなくても成分として入っているという事もありますから、外食などの際には十分気を付ける必要があります。

 

例えば、魚介類のアレルギーの場合に、キムチの漬けダレに魚介類が使用されていることなどがあげられます。食物アレルギーを持っていない人でも、食事療法を取り入れた治療をすることがあります。

 

それは主に、体質改善や体力・免疫力を高めるのを目的として取り入れられる療法です。その場合には全く目的が違いますから、アレルゲンを排除するのではなく、栄養バランスなどでメニューを考えることになります。