アトピーを悪化させるアレルギー物質とは?

アトピーがアレルギー症状であるのは周知の事実ですが、アレルギーの原因となる物質については各人によって全く違うのです。

 

一般的にアトピーの原因となるアレルゲンは、食べることによって引き起こされる食物性アレルギーと、吸引することによって引き起こされる吸入性アレルギーと、触れることによって引き起こされる接触性アレルギーがあります。

 

この中で特に古くから知られているのは食物性アレルギーで、卵や牛乳・甲殻類などの動物性蛋白質でアレルギーを起こす人が最も多く、他にも大豆などの植物性蛋白質や穀物類でもアレルギーを起こす人がいることが知られています。

 

食物性アレルギーの症状は主に身体に出る発疹で、酷い場合には喉の粘膜などが腫れて呼吸困難を引き起こす場合もあります。また、最近増えてきたのが吸入性アレルギーで、よく知られているのはスギ花粉による花粉症です。

 

中には、ヒノキ・バラ・セイタカアワダチソウなど、杉以外の様々な植物の花粉に反応する人もいて、一年中花粉症の症状が出ているという人もいます。

 

花粉症と同時に知られるようになったのがハウスダストで、ホコリや建築素材に使われる化学物質などによってアレルギー症状が発症します。

 

吸入性アレルギーの場合には、クシャミ・鼻水・鼻づまり・涙目・粘膜の痒みなどが主な症状です。接触性アレルギーは、主に金属や植物・化学物質に触れることで触れた部分が腫れたり、痒みを伴ったりします。

 

化粧品や純度の低い金属アクセサリー・漆・ゴム・薬剤などが原因で起こるようです。