アレルギーとの付き合い方

アトピーなどのアレルギーは、症状が落ち着き、生活に支障がない状態をキープできるように、気長に付き合っていかなくてはいけません。

 

アトピーは薬によって簡単に炎症を抑えることができますが、完治を目指すには長期にわたってコツコツと地道に日々の生活習慣を改善していく必要があります。

 

アトピーやアレルギーと上手く付き合っていくには、食事や入浴、運動がポイントとなってきます。食事においては、まず、動物性たんぱく質をなるべく控えましょう。動物性たんぱく質は、過剰に摂取すると、体内の炎症を促進してしまいます。

 

その結果、アトピーの悪化につながりますので、魚介類を含む動物由来のたんぱく質の過剰摂取には気をつけたいものです。

 

アトピーやアレルギーには、野菜や玄米を中心とした食事で、体に必要な栄養素をバランスよく摂取することが望ましいと言えるでしょう。

 

アトピーやアレルギーと付き合うには、入浴の方法にもポイントがあります。アトピーは肌のバリア機能が弱い状態です。ですので、常に清潔を保ち、保湿をこころがけ、バリア機能を高めなくてはいけません。

 

そのためには、低刺激の石鹸で優しく洗うなどの方法を覚えておくとよいでしょう。さらに、アトピーやアレルギーと付き合うには適度な運動も必要です。

 

有酸素運動を行うことで体の血液量が増え、血液が酸素を運び、老廃物を排出してくれます。これらのことに気を付け、アレルギーと付き合い、アトピーを改善していきましょう。