アトピーは活性酸素を除去することが重要?

アトピーの原因は活性酸素といわれています。活性酸素は酸素を体に取り込むことで体内に発生します。本来は進入してくる殺菌やウイルスを退治する役割を持っている活性酸素ですが、過剰になると悪い働きをし、体の細胞を傷つけてしまいます。

 

活性酸素が過剰になり、体の細胞を傷つけることで皮膚に炎症が起き、発症する症状にアトピーがあるといわれているのです。なので、アトピーを治療しようとした時には活性酸素を除去する事が重要となってくるでしょう。

 

活性酸素は、酸素以外にも紫外線や排気ガスといった環境汚染物質によって発生することも知られています。特に現在は、昔に比べて環境の劣化が進み、活性酸素が大量に発生するようになってきています。

 

アトピーの人がこういった環境汚染物質によって発生した活性酸素を取り込むと、過酸化脂質という毒性のある物質を作ってしまうこともあるようです。この過酸化脂質は、皮膚の細胞を破壊し、保湿機能を奪ってアトピーの症状を悪化させてしまう恐ろしい物質です。

 

また、他にも、食品添加物やインスタント食品、スナック菓子を摂ることでも活性酸素が体内で生産されてしまいます。たばこやアルコール、ストレスも活性酸素を生産する原因と考えられていますので、活性酸素を除去するためには、まず日常生活や食生活を見直す必要があるでしょう。

 

活性酸素を取り除くことで、肌を守ることができ、アトピーのつらい症状も軽減することができるといわれています。アトピーの人はなるべく日常生活から活性酸素を除去するように心掛けてください。