アトピーと歯周病との関係

歯周病とアトピーは一見関係ない様に思えますが、実は深い関係があるのです。歯周病もアトピーも、食生活の乱れに一因があります。歯周病は歯周病原性細菌による感染症で、普通なら白血球などの免疫力で排除できています。

 

しかし、食生活が乱れ、栄養のバランスが崩れると細菌の進入を防ぐだけの免疫力を発揮出来なくなり、歯周病が進行してしまいます。一方、アトピーも食生活の乱れが大きく関係しており、暴飲暴食やバランスの悪い食事がアトピーの原因ともいわれています。

 

歯周病にかかってしまうと、食べ物をよくかんで食べることができなくなるものです。その結果、胃腸に負担がかかってしまい、効率的に食物エネルギーを体内に取り込むことができなくなってしまうため、ホルモンのバランスが崩れ、自然治癒力も下がってしまうのです。

 

こうなると、アトピーも悪化してしまうと考えられます。また、歯周病は口の中だけの病気にとどまらないとも言われています。口の中に発生した歯周病菌は全身にまわるということが研究によってわかってきており、歯周病菌が身体をめぐることで臓器や身体の機能が悪影響を受けてしまうようです。

 

アトピーの悪化を防いだり、症状を軽減するためにも、まずはしっかりと歯を磨き、歯周病菌を寄せ付けないようにして歯周病を予防してください。定期的に歯科医院で歯周病になっていないかチェックするのも大切だと思います。